豪徳寺の『まねき猫』  ② 由来

豪徳寺の『まねき猫』  ② 由来

招き猫の由来を調べてみると諸説あるようで、広島県福山市の「日本郷土玩具博物館」がまとめたのがあったので簡略して紹介する。

  • 江戸城を築いた太田道灌が黒猫に自性院へ導かれ救われた。(1400年半ば)
  • 彦根藩井伊直孝が鷹狩りの折、猫により豪徳寺に招かれ雷からの難を逃れた。(1630年頃)
  • 江戸吉原の遊女が飼い猫に命を救われ西方寺に猫塚を作って供養。(1690年頃)
  • 江戸小石川の豪商の娘の冥福を祈って自性院に地蔵尊を奉納。
  • 江戸両国の2軒の遊女屋が金・銀の猫の置物を飾って繁盛した。(1780年頃)
  • 江戸‘浅草花川戸の老婆が夢での飼い猫のお告げで猫の人形を売り出し繁盛した。(1800年半ば)

これらの多くは猫が飼い主に恩返しをするという「猫の報恩譚」が元にあり、中国の「猫が顔を洗うと客がくる」という故事や、猫が持つ“神秘な霊力などが合わさって江戸中期以降に「土製の招き猫」が作られたのではとしている。各地に広がったのを調べると、伏見人形系統が明治、他の産地は大半が大正から昭和のものが現存していることから、遊郭など一部の縁起物だった招き猫が、広く”招福開運“として一般家庭や商店の縁起物となったのは明治以降のようである。

写真は、かつての「豪徳寺」で奉納されていた各地の色々な招き猫(今は、よそ者は排除されている)

すべての投稿への最新コメント

    最近の投稿

    post 豪徳寺の『まねき猫』① はじめに

    豪徳寺の『まねき猫』① はじめに

    私が育った世田谷梅ヶ丘の近くには「豪徳寺」があり、よく遊びに行った。隠れん坊・手つなぎ鬼・池での釣りで、招き猫のことは知っていたが興味が無かった。少なくとも『郷土玩具』と云う範疇には無かった。ある時、「日本郷土玩具辞典」(西澤笛畝著1964刊)の中で“豪徳寺の招福猫”を発見し衝撃を受けた。=写真参照[右は現在のもの]私の知っているものとは大違い、味のある『郷土玩具』であった。記事には、「土製の小さくて可愛らしい白の招き猫である。豪徳寺で参拝土産として売られる」と書かれてあった。調べたところでは、大正頃まであったが後継者がおらず今のようなものに代わったらしい。どんなものだったのか情報を知りたく豪徳寺に伺ったところ、「現在のもので充分」と、昔の招き猫には興味が無いようで、追い返されてしまった。


    post 第23回 伊藤卓美 木版画展 のご案内

    =喜寿記念= 第23回 伊藤卓美 木版画展

    2023年10月28日〜11月5日

    於 神保町 奥野かるた店 2Fぎゃらりー


    post 作品紹介 作品No2 「西馬音内の盆踊り」

    作品NO「2」『西馬音内盆踊り』1972年7月制作

    Unicode

    315×405mm

    伯父や母達が秋田県の西馬音内の盆踊りを見て来た話に触発され、私も行ってみた。夕方の5時頃になると、子供達が待ちきれないとばかり列を作って並んで待っていた。二度目に訪ねた時は、私も踊ってみたいと思い、大人の後ろでは迷惑になるので、まだ子供達の後ろに付いて踊ってみた。3度目の時は踊らなかったが浴衣持参となった。最近の踊りを見ると、大分見せる踊りとなっているような気がしている。

    以前の投稿

    作品紹介  作品NO「1」『鶴羽衣しし踊り』

    早稲田大学オープンカレッジ「伊藤卓美木版画講座 作品展」

    =どんぐりと山猫=から 伊藤卓美木版画展

    年賀状講習会のお誘い

    大人のためのおはなし会のお知らせ

    『どんぐりと山猫』 出版 案内